★1998(平成10)年★

【4月27日】
(旧)民主党・民政党・新党友愛・民主改革連合の4党が合流し,「民主党」結成。
衆院93名、参院38名で野党第1党に。(旧)民主党代表の菅直人が初代代表に就任。
代表代行・中野寛成、副代表・笹野貞子、畑英次郎、鳩山邦夫、幹事長・羽田孜、政調会長・伊藤英成、
国会対策委員長・石井一。

【7月12日】
 第18回参議院選挙で27議席を獲得し躍進。(改選数18,非改選含め47名に)

【7月30日】
臨時国会の参議院本会議で菅直人を首相に指名。
(衆議院は小渕恵三自民党総裁を指名。両院協議会の結果、小渕恵三自民党総裁を首相指名)

★1999(平成11)年★

【1月18日】
初の代表選挙で菅直人が代表に再選。(菅直人180票,松沢成文51票)
副代表・石井一、伊藤英成、畑英次郎、鳩山邦夫、広中和歌子、幹事長・羽田孜、政調会長・中野寛成、
国会対策委員長・鹿野道彦。

【4月11日】
東京都知事選挙に前副代表の鳩山邦夫を擁立するも敗北。

【9月25日】 
代表選挙で鳩山由紀夫が2代目の代表に。
●鳩山由紀夫154票、菅直人109票、横路孝弘57票
  ⇒決選投票:鳩山由紀夫182票、菅直人130票
副代表・石井一、鹿野道彦、中野寛成、横路孝弘、広中和歌子、幹事長・羽田孜、政調会長・菅直人、
国会対策委員長・川端達夫。

★2000(平成12)年★

【6月25日】
第42回衆議院選挙で127議席を獲得。(改選数95)

【9月9日】
代表選挙で鳩山由紀夫が無投票で再選。特別代表・羽田孜、副代表・石井一、岩國哲人、鹿野道彦、中野寛成、
広中和歌子、横路孝弘、幹事長・菅直人、政調会長・岡田克也、国会対策委員長・赤松広隆。

★2001(平成13)年★

【7月29日】
第19回参議院選挙で26議席を獲得。(改選数23,非改選含め59名に)
タレントの大橋巨泉が比例代表区で412,087票を獲得しトップ当選。

【9月8日】 
党役員を一部変更。副代表・広中和歌子に代わり千葉景子。国会対策委員長・熊谷弘。

★2002(平成14)年★

【1月29日】
参議院議員の大橋巨泉が議員辞職を表明。(次点のツルネン・マルティが繰り上げ当選)

【9月23日】
代表選挙で鳩山由紀夫が代表に3選。
●鳩山由紀夫294ポイント、菅直人221ポイント、野田佳彦182ポイント、横路孝弘119ポイント
  ⇒決選投票:鳩山由紀夫254ポイント、菅直人242ポイント
特別代表・羽田孜、副代表・石井一、熊谷弘、伊藤英成、広中和歌子、幹事長・中野寛成、政調会長・海江田万里、
国会対策委員長・佐藤敬夫。

【10月27日】
衆参統一補欠選挙で1勝6敗と惨敗。

【12月3日】
両院議員総会で鳩山由紀夫が代表辞任を表明。

【12月10日】
両院議員総会による代表選挙で菅直人が3代目の代表に。(菅直人104票,岡田克也79票)
最高顧問・羽田孜、副代表・石井一、伊藤英成、岩國哲人、円より子、横路孝弘、幹事長・岡田克也、政調会長・
枝野幸男、国会対策委員長・野田佳彦。