★2018(平成30)年★

【1月14日】
民進党と希望の党は14日の幹事長会談で、統一会派結成で大筋合意。

【1月17日】
民進、希望両党による統一会派結成が当面実現しない見通しに。民進は17日の両院議員総会で「理念や基本政策が
違う」と異論が続出して了承が得られず、これを受けて希望も協議の打ち切りを決定。

【4月9日】
民進党の大塚耕平代表と希望の党の玉木雄一郎代表が国会内で会談し、新党結成に向けた協議会の設置を決める。
その後、協議会の初会合を開き、党名や政策、綱領などを話し合い、早期の合意をめざす方針を確認。

【4月11日】
希望、民進両党が新党結成に向けた実務者協議を国会内で開き、新党の規約に「共同代表を置くことができる」との
規定を盛り込むことを決める。

【4月24日】
民進党と希望の党が国会内で新党協議会を開き、新党名を「国民民主党」(通称:国民党)とすることを決める。

【4月26日】
希望の党と民進党が大型連休明けに新党「国民民主党」を結成することを決定。

【5月7日】
民進党と希望の党による合流新党「国民民主党」が旗揚げ。ただ、両党所属議員の4割以上が不参加を決め、岡田
克也元副総理、野田佳彦前首相ら民進党重鎮議員が不参加に。

【8月22日】
代表選が22日告示され、津村啓介衆院議員(46)と玉木雄一郎共同代表(49)が立候補を届け出。

【9月4日】
東京都内で開いた臨時党大会で代表選を行い、玉木雄一郎共同代表(49)が津村啓介衆院議員(46)を破り、
新代表に選出された。任期は2021年9月まで。

【9月11日】
玉木雄一郎代表が11日の両院議員総会で、幹事長に平野博文元官房長官(69)=衆院大阪11区▽国対委員長
に原口一博元総務相(59)=衆院佐賀1区=を充てるなどの新役員人事を提案し、了承された。
◇国民民主党の主な役員
代表    玉木雄一郎
代表代行  大塚耕平(参)
      古川元久
幹事長   平野博文
総務会長  小林正夫(参)
国対委員長 原口一博
選対委員長 岸本周平
政調会長  泉健太
※敬称略、参は参院


★2019(平成31・令和元)年★

【4月26日】

玉木代表が25日午後6時半から党本部で開いた両院議員懇談会で自由党との合流を提案。一部から反対論が
出る中で断続的に協議を続け、26日午前1時過ぎに懇談会から総会に切り替え、多数決で了承を取り付けた。
続けて玉木代表、自由党の小沢代表は党本部で会談、合意文書に署名した。
自由が解党し、国民に合流する形をとる。国民は党名を維持し、基本的な理念や政策、規約や組織も継承。
「今後とも、幅広い結集を呼び掛け続ける」との方針も文書に盛り込んだ。

【6月3日】
山井和則国対委員長代行が平野博文幹事長に離党届を提出。

【7月21日】
第25回参議院議員選挙で6議席(選挙区3、比例区3)を獲得。(改選数8議席)

【7月23日】
参院選岩手選挙区に無所属の野党統一候補として立候補し、当選した横沢高徳氏が国民民主党への入党を発表。

【7月24日】
総務会で、山井和則元国対委員長代行が提出した離党届を受理せず、除籍処分とすることを決定。


【8月20日】
玉木雄一郎代表が立憲民主党の枝野幸男代表と国会内で会談し、衆参両院の会派を合流することで合意。

【9月25日】
両院議員総会を党本部で開き、立憲民主党と衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」(社保)の3党派代表で
合意した会派合流を了承。

【12月12日】
玉木雄一郎代表が立憲民主党が提案した政党合流に関し、立民側と近く協議を始める意向を表明。党所属国会
議員が出席した両院議員懇談会で「衆参一体」など条件付きの協議方針を説明。

【12月19日】
平野博文幹事長と立憲民主党の福山哲郎幹事長が参院議員会館で会談し、両党の合流に向け実質的な協議に入る。

★2010(令和2)年★

【1月6日】
臨時役員会を党本部で開き、立憲民主党との合流交渉について、玉木雄一郎代表らが経過を報告。
近く玉木氏が立憲の枝野幸男代表と会談し、最終協議に入る予定

【1月10日】
玉木雄一郎代表と立憲民主党の枝野幸男代表が国会内で会談し、政党合流について協議したが、党名や政策、
理念、合流方式などで主張の隔たりが埋まらず、
合意には至らず。

【1月20日】
両院議員総会は、立憲民主党との早期合流を目指して基本合意を求める決議案が採決には至らず、否決された。
立憲民主党との合流は見送りに。